家事をシンプルにするためのヒントはこちら10ステップリスト

【共働きママへ】マミートラックに乗らないための3つのポイント

  • URLをコピーしました!

こんにちはEMIです。

前回の記事で、マミートラックについてご紹介しました。
もちろんそんな会社ばかりではもちろんありません。

子育てしながらも管理職を目指せる会社も多いと思います。
そこまでは流石に目指せないって思う方もいますよね。


でも、マミートラックに乗ってしまって、単調でつまらない仕事しか任せてもらえない方も
多いと思います。

マミートラックに乗らない方法ってあるのかな?


そんな風に思い始めた方も多いのではないでしょうか。
今回は、マミートラックに乗らない3つのポイントをご紹介します。

目次

マミートラックとは?

マミートラックって、どんなものでしょうか。

A:「マミートラック」とは、子どもを持つ女性の働き方のひとつで、仕事と子育ての両立はできるものの、昇進・昇格とは縁遠いキャリアコースのことです。職場の男女均等支援や仕事と育児の両立支援が十分でない場合、ワーキングマザーは往々にして補助的な職種や分野で、時短勤務を利用して働くようなキャリアを選ばざるをえなくなり、不本意ながら出世コースから外れたマミートラックに乗ってしまうことが少なくありません。

引用:コトバンク

マミートラックメリットもあります。
デメリットばかりではありません。

マミートラックに乗って、サポート役に徹して、子供の成長をしっかり見届けるのは、ママの選択肢の一つだと
私は考えています。

実際、共働きで、めちゃくちゃ仕事重視にしてしまうと、定時で上がりにくかったり、子供が熱を出した時にも
休みにくい状態をどうしても作ってしまうことになります。

仕事を自分以外の誰でもできる状態にすること、俗人化しないことが

では、どうしたらマミートラックに乗らなくて済むのでしょうか。

ポイント1 :上司に相談しながら、真剣に仕事に取り組む

実際に、上司とは円満に仕事を進めることが必要です。


子供がいるから、家庭があるからと、あえて上司が気を使って、仕事量を調整してくれている場合も考えられるからです。

やっぱり、小さいお子さんがいるお母さんにあまりたくさんお仕事をお願いするのは気を遣ってしまう場合もありますね。

コミュニケーションをしっかりとって、自分はこういう風に仕事を進めていきたいということをアピールすることが
重要だと思います。

頑張りたい気持ちをしっかりと伝えた上で、仕事に対する姿勢にも気をつけることがポイントではないでしょうか。

会社によっては、資格制度も充実しているので、時短で働いてる場合は少し時間を作って、資格試験に挑戦してみるのもいいかと思います。

ポイント2:家族の協力が必須

家族の協力は、必須です。

どうしても、小さいお子さんがいる家庭では緊急事態も十分考えられます。

突然の熱、忙しい時に限って熱を出してしまうものです。

そんな時に、ちょっとサポートしてもらえる相手が近くにいるとほっとするものです。

また、家族だけではありません。

病児保育の登録や、家事の委託サービスなど、いつでも気軽にお願いできる状況を整えておくことで、

ママさんの気持ちもだいぶ楽になるでしょう。

実際、共働きで仕事もしっかりやりたい子育ても頑張りたい。という想いは、

自分で思っているより簡単なものではありません。

焦りや不安もたくさんあります。喜びももちろんたくさんあります。

頑張ってみる価値はもちろんありますね。

ポイント3:情報をうまく収集して、活用しよう

会社にロールモデルがあるかどうか、調べてみてもいいと思います。

マミートラックに乗ってしまって、仕事が単調でつまらないとか、やる気がなくなってしまうと、

それだけで、生活に少しマイナスを感じてしまいます。

昼休憩の時に、ママさんたちの話をじっくり聞いてみたり、社内の色々な情報をしっかり掴むことによって、

マミートラックに乗らない対策をねってもいいと思います。


会社によっては、面接の際に、子供の人数と遠方にしか協力者がいない現実を話すと、

入社前でも、お休みの時のことを聞いてくる面接官もいました。

それくらい共働きママに対して、慎重になってる会社もあります。

退屈な仕事や自分にあってない仕事に1日の何時間も捧げたくないと思う方は、

しっかり情報を掴んで、自分らしい働き方のスタイルを見つけてみてください。

最初から時短社員で働く先を探してくれる会社もあります!
時短社員で考えている方は、就職エージェントを模索するのもGOODな選択ですね!

まとめ

今回は、マミートラックに乗らないための3つのポイントをご紹介しました。
前回の記事でマミートラックに乗るメリットもお伝えしていますので、
デメリットだけではないという点にも視点を向けて、自分の働き方を見つけてみてもいいと思いますよ。

ブログランキング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次